バイク保険の選び方

バイク保険は2種類ある

バイクにこれから乗る場合、「保険」に加入する必要があります。
バイクは楽しく便利な乗り物ですが、体が守られていません。
ヘルメットは着用するものの、もし事故が起きてしまうと、体を大きく怪我してしまう可能性があるのです。
きちんとルールを守って走行すれば事故は防げますが、万が一に備えて保険に加入しておくことが大切なのです。

バイクの保険には大きく分けて2つの種類があり、「自賠責保険」と「保険会社の保険」があります。
自賠責保険とは、「バイクを購入したら、必ず加入が必要な保険」を指します。
自賠責保険は「強制保険」と呼ばれることもあり、バイクショップなどで車体を購入するときに合わせて加入が必要です。
これは法律で義務付けられているため、ルールを守りましょう。

もうひとつの保険会社の保険は、自分の必要に応じて加入します。
自賠責保険はあくまでも「最低限の保険」のため、もう少し手厚い保険のほうが良いと感じることもあります。
こうした場合には自分で保険会社の保険に加入して、事故などに備えることができます。

補償内容と保険料のバランスを確認するべき

民間の保険会社が提供するバイク保険は一般的に、月額の保険料が高くなるほど補償内容が手厚くなっています。
しっかりと事故や怪我への準備をするなら当然ですが、手厚い保険のほうが良いはずです。
ただ、その分だけ毎月の費用負担が大きくなるため、自分の予算と相談しながら決めると良いでしょう。

また、充実した保険に加入しても、トラブルが起きなければ支払う保険料は無駄になってしまいます。
あまりにも充実しすぎた保険を選んでしまうと、お金を必要以上に使うことになるのです。
そのためまずは、「自分がバイク保険にどれくらいの内容を求めるか」を考えるようにしましょう。
しっかり考えてバイク保険を選べば、お金を無駄使いすることがなくなります。

さまざまな会社のバイク保険を比較するべき

バイク保険は、さまざまな保険会社から提供されています。
各サービスで補償内容や月額料金に差があるため、それぞれを確認して一番自分の目的に合っており、保険料がお得なサービスを利用すると良いです。

ここで大切なのが、「なるべく複数の保険会社を比較する」ということです。
ひとつの保険会社のサービスしかチェックしないと、その保険が良いのかどうかを判断できません。
なるべく多くの保険会社が提供しているバイク保険を比較することで、その中から一番良いものを選ぶことができます。

バイク保険は一度加入すると、その後も続けて利用することが多いです。
そのため最初に選ぶときが一番大切なため、ぜひじっくりと検討するようにしましょう。